読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「半農半あきない」実践録

「自給農」「あきない」を中心とした、日々の所感実践録

一足先の送別会

所感

天道人道に和して、百穀実法(ひゃっこくみのり)を結ぶ。
原一変して田となり、田一変して稲となる。
稲一変して米となり、米一変して人となる。

           ~『二宮尊徳 一日一言』(寺田一清)より


近頃だと、「二宮」と言えば嵐の二宮和也くんの名前を出す人が多いでしょうか。

Google検索で「二宮」とまで打つと、

 

 1、二宮和也
 2、二宮金次郎
 

の順番で出てきます。和也くんファンが沢山検索してるんでしょうね。
2番目に二宮金次郎(尊徳)が出てくるのも中々凄いもんです。

 

でも、

 

あと10年くらいは和也くんが検索トップに出てきそうです。

 

そして、冒頭の引用、

 

「稲一変して米となり、米一変して人となる」

 

が沁みました。

 

去年、何とかかんとか玄米で77㎏取れたのですが、新嘗祭が終わって初めて炊いた米が茶碗に盛られたのを見たときは、感慨深いものがありました。

 

f:id:tack3110:20131115225130j:plain              f:id:tack3110:20131116085243j:plain

今年もどんな稲作になるか、楽しみです。

家族が食べる主食を作るというのは、いいもんです。

 


ところで、

 

昨日は、一足先に退職する女性社員(内勤アシスタント)の送別会でした。

8年近く勤めていたのですが、思うところあってもともとチャレンジしたかった飲食業界へ転身するとのこと。

 

第三者が聞くと、明らかにそのまま勤める方が経済面でも安定しているのですが、「やむにやまれぬ」思いなんでしょうね。

 

二度とない人生、思い通りに突き進んでもらいたいです。

僕も同じ思い、同じ立場なので。


さて、中国の出張もなくなり福岡に帰省してきたので、週末ゆっくり福岡満喫します。


合掌