読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「半農半あきない」実践録

「自給農」「あきない」を中心とした、日々の所感実践録

塩沼亮潤さんの講演会 in 武蔵嵐山

f:id:tack3110:20141015183333j:plain

10月の連休で上京し、埼玉県武蔵嵐山(池袋から電車で約1時間)に行ってきました。

 

今年で20回目になる「武蔵嵐山 志帥塾」に参加し、楽しみにしていた塩沼亮潤さん(大阿闍梨)の講演を拝聴してきました。

 

震災前にも一度、志帥塾で講演なさったのですが、その時は仕事の関係で参加できませんでした。代わりに嫁さんが買ってきてくれた著書『人生生涯 小僧の心』を読み、大変感動したので、「次こそは!」と思っていました。

 

 

4つの生き方

今回、90分間の講演で一番印象に残ったのは、「人には生き方が4つある」というお話。

 

4つの生き方として、塩沼大阿闍梨が表現されていたのが、以下の4つ。

 

①    光から闇に向かう生き方

②    光から光に向かう生き方

③    闇から光に向かう生き方

④    闇から闇に向かう生き方

 

心を光ある方向に向けて生きていきましょう。というお話でした。

 

その時々、瞬間瞬間の自分の状況で、一喜一憂しそうになるのは誰しもあるのだと思うのですが、いつも光ある方向に向いていると順境になっていくのだと思います。

 

二宮尊徳の言葉にも「もとより物事に順逆なし」という言葉があったかと思います。

 

順境逆境は自分の心が決める。

 

慌てず地に足つけて、光ある方向に心向けるよう心掛けたいと、

塩沼亮潤のお話を伺って、そう思いました。

 

f:id:tack3110:20141015183335j:plain

合掌