読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「半農半あきない」実践録

「自給農」「あきない」を中心とした、日々の所感実践録

生まれ故郷と友人たち

先生諭して曰く、

 

汝富を得るの道を知らざるが故に窮せり。

 

夫れ天地の運動頃刻(ケイコク)の間断あるなし。

 

この故に万物生々息まず(ヤマズ)。

 

人之に法り、間断なく勉励する天の運動の如くならば、

 

困窮を求むると雖も得べからず。

 

 

                                                                   寺田一清『二宮尊徳 一日一言』

 

 

田植えから3週間経ちました。

 

その時その時だと、稲の生長の動きは見えません。

 

でも、1週間、2週間と確実に大きくなっているのを見ると、
ほんの僅かずつ、でも毎日休むことなく根を伸ばし、葉を広げているのが分かります。


これが、

 

 「間断なく勉励する天の運動」

 

行きつくところは実りの秋。


黄金色の稲穂です。

 

 

人間も意識して、自分の身の丈に合ったことを続けていれば、、、

 

同じ理屈だと思いますが、昨日-今日-明日という時間を切り取った場合、
自分の成長を感じるのは不可能です。


ここで心が折れるかどうか。


***


ちょっとした営業も兼ねて、一泊二日(6月25日・6月26日)で大分に行ってきました。


高校の同級生のうち、大学卒業直後、あるいは数年東京で働いて、家業を継ぐために大分に戻った友 人が、二人います。

 

彼らと話をしたいのと、シーラー(家業のメイン商材、ビニール袋の熱溶着機器)の営業を少しして やろうと思い、足を運びました。


 ①高3クラスメート・M(男)
 ・微生物でし尿分解する簡易トイレのメーカー(家族経営)の2代目
 ・富士山の山小屋にトイレを設置!
 ・大分では希少なメーカーです。
 ・自社開発、市場開拓できる強みあり。

   ⇒(株)ミカサ


 ②高校剣道部の同期・T(女)
 ・100年以上続く大分の老舗米問屋
 ・農家さんとのパイプが強い。
 ・有機無農薬米も扱い、ネット通販にも取り組む。
 ・米の食味鑑定士もいて、「米のプロ」

   ⇒(有)徳丸米穀店

 


高校時代の思い出で終始するのでなく、今のこと、明日のことが語れるのが嬉しかったです。

 

互いにどんな人となりかを知っているので、変な誤解が生まれる心配もなく、
とても安心、充実の意見交換ができました。


生まれ故郷には、特別な思いがあります。

 

そこで暮らしている友人たちには、エネルギーもらえます!


合掌